AKAISHI直営店

外反母趾、足底筋膜炎、魚の目など
足の悩みにやさしいAKAISHIの靴

室内履き(601と603)の違いについて。あなたはどちら?

2020.07.4

こんにちは、AKAISHI直営店 静岡本店です。

何かとお家にいる時間が多くなりがちなこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日はそんなお家時間を快適に過ごすためのお供にオススメの室内履きについてです。

 

AKAISHIの室内履きは大きく分けて、↓↓↓の2種類に分けられます。

①601(スリッパ・室内履き)

https://akaishionline.com/products/detail.php?product_id=24

 

■603指圧(スリッパ・室内履き)

https://akaishionline.com/products/detail.php?product_id=26

この2つですが、店頭でも

「どう違うの?」

「私に合うのはどっち?」

といったお問い合わせをいただいております。

 

そこで本日は、実際にいろいろなお客様に直接店頭で販売している目から、簡単に違いをお伝えできればと思います。

 

①アーチサポート(土ふまずのサポート)の強さが違う!

室内履きに搭載されている、土踏まずをしっかり支えるアーチサポートですが、こちらに関しては601の方が強いサポートタイプとなります。

よく履いた方から「青竹踏みに似ているね」といったご感想をいただきます。

対して603は足全体に優しくフィットするようなソフトなサポートとなります。

 

②ソールの素材の硬さが違う

ソールの硬さは601の方が硬く、603は柔らかい素材になっています。

重さも片足30g程、601の方が重い仕様になっています。

 

簡単におすすめできるポイントをまとめると、以下の通りになります。

【601がおすすめな方】

・普段から強いアーチサポートのインソールに慣れている方

・強い足裏マッサージに慣れている方

【603がおすすめな方】

・弊社・他社含め、アーチサポートが搭載されたインソールや靴をあまり履かない

・足裏マッサージにあまり慣れていない

・硬い地面に裸足で立つと足裏が痛くなりやすい

 

ただし、このあたりは個人差が大きく上記に該当しないケースも多々あります。

601は骨格を補正する力が強いため、徐々に慣れていく方もいれば圧迫感や痛みとして感じてしまう方も。

逆に603だとアーチサポートが少し物足りないという方もいます。

使うご本人様の足のお悩みや体型・年齢などなど、様々な要因によって相性や好みが別れてしまうところになりますので、実際に店頭で履き比べてお試しいただくのがおススメです。

静岡本店では各商品試し履きサンプルがございますので、お気軽にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

【店舗情報】

AKAISHI 直営店舗 静岡本店

〒421-0103 静岡県静岡市駿河区丸子6955-3

TEL:0800-300-5551

営業時間:10:00~18:00

定休日:月曜日(祝日は営業)、他不定休あり

一覧に戻る